ホーム > 活動情報 > 平成29年度青少年赤十字活動研究会を開催しました

活動情報

(2018/02/06 10:18)

平成29年度青少年赤十字活動研究会を開催しました

 1月30日(火)、富山県教育総合センターにおいて、平成29年度青少年赤十字活動研究会を開催し、県内の小・中・高等学校教員68名が参加しました。
 前半は、平成28・29年度富山県青少年赤十字活動推進校として活動を実践している富山市立新庄中学校より「地域とともに、キャリア教育で学校をつくる~生徒の主体性を高める、新庄中の取組~」と題して、同校が取り組んでいる青少年赤十字を活用した様々な活動について発表していただきました。
 後半は、国立大学法人富山大学 人文学部 准教授 大西 宏治 氏より「地域防災力を高めるための保育所・幼稚園・学校の役割」と題して、富山県の地理的特徴や災害の歴史を踏まえた防災学習や防災訓練の進め方についてご講演いただきました。地理院地図等、実際に授業で活用できるツールもご紹介いただき、参加者からは「防災教育については、より富山県の具体的な様子、学校、家庭、地域の様子に合ったリアルな学びが大切なのだと改めて感じた。」「安全教育はもちろんのこと、登下校時の安全確保にも生かせる講演内容だった。」「学校防災担当者として大いに刺激となった。」等の声が寄せられました。

富山市立新庄中学校 教諭 堀 篤史 先生、<br>教諭 櫻井 隆光 先生による同校での活動<br>発表

富山市立新庄中学校 教諭 堀 篤史 先生、
教諭 櫻井 隆光 先生による同校での活動
発表

地図を活用した防災学習について語る、<br>国立大学法人富山大学 人文学部 准教授<br>大西 宏治 先生

地図を活用した防災学習について語る、
国立大学法人富山大学 人文学部 准教授
大西 宏治 先生

-